2007年04月25日

レイ・ブライアントの初期傑作。【レイ・ブライアント・トリオ】生涯の代表的なレパートリーになる「ゴールデン・イヤリングス」が生み出された。

 
ソウルフルでスインギーなタッチに魅力を発揮するレイ・ブライアントの初期傑作。

シンプルなフレーズをソウルフルかつスインギーに演奏することで人気の高いレイ・ブライアント。その彼が注目の若手時代に吹き込んだこのトリオ・アルバムからは、生涯の代表的なレパートリーになる「ゴールデン・イヤリングス」が生み出された。そのほかにも「エンジェル・アイズ」や「ジャンゴ」など名演が目白押し。

演奏 レイ・ブライアント・トリオ
レーベル ユニバーサル ミュージック クラシック




【収録曲】
1. ゴールデン・イヤリングス
2. エンジェル・アイズ
3. ブルース・チェンジズ
4. スプリッティン
5. ジャンゴ
6. ザ・スリル・イズ・ゴーン
7. ダホード
8. ソーナー

<パーソネル>
 レイ・ブライアント(p)
 アイク・アイザックス(b)
 スペックス・ライト(ds) 
★1957年4月5日 ニュージャージーにて録音
初回生産限定特別価格盤/録音年(1957年4月5日)/収録場所:ニュージャージー

 
posted by jazzman at 15:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。