2006年09月25日

ブルーノート・コレクターズ・ガイド: オリジナル盤の鑑定ポイント&収集のヒント。

 

オリジナル盤の鑑定ポイント&収集のヒント。行方均(レコード・プロデューサー)×小川隆夫ブルーノート対談、SP、7インチ含む全アナログ・リストなど、ジャズの名門・ブルーノートこの一冊でまるわかり。

著者/訳者名 小川隆夫/著
出版社名 東京キララ社




目次

第1章 ブルーノートの軌跡
第2章 完全コレクターへの道のり
第3章 SHOP GUIDE
第4章 行方均氏とブルーノートの魅力について語る
第5章 レコード・リスト
SP and Others
コレクターの心得10ヵ条
ブルーノート年表


 
posted by jazzman at 23:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタンダード・ヴォーカル名曲徹底ガイド: うまい歌、聴かせる歌、泣かせる歌、歌いたくなる歌、スタンダード・ヴォーカル

 

うまい歌、聴かせる歌、泣かせる歌、歌いたくなる歌、スタンダード・ヴォーカルを徹底ガイド! 時代を超えて歌い継がれている名曲全400曲(上・下巻)を紹介&解説。ジャズのスタンダード・ヴォーカル曲を中心に、ロック&ポップス系、R&B系やカントリー系、フォーク系、ボサ・ノヴァのヴォーカル名曲まで含めたスタンダード“歌曲”を上巻・下巻それぞれで200曲づつを徹底紹介&解説しています。各曲ともに4人のヴォーカリストのヴァージョンを挙げて簡潔に解説するなど、オトナが聴いて納得のヴォーカルの醍醐味を味わえる名曲ばかりが収録されています。曲名歌手(グループ)名の索引は、上・下巻400曲分をそれぞれに掲載しています。

出版社名 音楽出版社



目次

【収録曲の一例】※上下巻共通
サティスファクション
ドッグ・オブ・ザ・ベイ
遥かなる影
君去りし後
おいしい水
オール・オブ・ミー
君は我がすべて
オール・ザ・ウェイ
アマポーラ:アンド・アイ・ラヴ・ハー
パリの四月


 
posted by jazzman at 23:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャズ・トーク・ジャズ 証言で綴るモダン・ジャズの真実: 総勢90人のミュージシャンと関係者によってジャズの熱き60年がまざまざと甦る。

 

気鋭のジャズ・ジャーナリストが自ら行なった膨大なインタビューをもとに解き明かしたモダン・ジャズの真実。総勢90人のミュージシャンと関係者によってジャズの熱き60年がまざまざと甦る。

著者/訳者名 小川隆夫/著
出版社名 河出書房新社




目次

プロローグ ジャズ・クラブの帰り道
第1章 モダン・ジャズの夜明け
第2章 ジャズ黄金時代
第3章 ジャズの大航海時代
第4章 新しいジャズへの疾走と迷走
第5章 新時代のジャズ、そしてジャズはどこへ
エピローグ あとがきにかえて


 
posted by jazzman at 23:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人のジャズ再入門 マイルスとブルーノートを線で聴く

 

「ジャズは難しい」「どこから聴いていいかわからない」という声はよく聞かれる。確かにミュージシャンが“個人事業主”であるジャズはひとりにつき100枚、200枚のアルバムがあり、共演しているアルバムも合わせると、膨大な数がある。またその音楽の幅も広い。そこで、本書ではそんなジャズの特徴に合った聴き方を提案する。「点」として存在するアルバムを録音年月日とミュージシャンの相互関連に基づき「線」でつないで、より立体的に捉えようというものだ。この「線聴き」の基点はマイルス・デイヴィスであり、その先にはブルーノートが必然的に浮上してくる。さらに延ばしていくと、やがては主要なミュージシャンの座標軸が確立できてしまう―斯界の第一人者による画期的ジャズ・ガイド。

著者/訳者名 中山康樹/著
出版社名 朝日新聞社




目次

マイルストーンズ/マイルス・デイヴィス
ソウルトレーン/ジョン・コルトレーン
マイルストーンズ/マイルス・デイヴィス
サムシン・エルス/キャノンボール・アダレイ
セッティン・ザ・ペース/ジョン・コルトレーン
1958マイルス/マイルス・デイヴィス
バイーア/ジョン・コルトレーン
ゴー/ポール・チェンバース
キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ/キャノンボール・アダレイ
ケリー・ブルー/ウイントン・ケリー〔ほか〕


 
posted by jazzman at 23:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャズ・マンとその時代 アフリカン・アメリカンの苦難の歴史と音楽

 

本書はアフリカン・アメリカンの音楽史を中心に扱うものであるが、それとともに黒人制度史、米国史、さらには大西洋奴隷貿易とともに始まった近代ヨーロッパによる世界支配の歴史的実相の解説を試みたものである。人間の営みの、もっとも美しいものの一つである音楽、マイルス・デイヴィスが言うところの、「オレ達黒人の祖先がアフリカから持ってきて、この国で変化、発展させた音楽」であるジャズの歴史は、あまりに罪深い人類の歴史であり、またその悲運の歴史に打ち勝ったアフリカン・アメリカンの誇り高き歴史でもある。

著者/訳者名 丸山繁雄/著
出版社名 弘文堂




目次


第1章 前ジャズ期音楽―奴隷制下のアフリカン・アメリカン文化
第2章 ジャズを生んだ人びと
第3章 ジャズの誕生―ニューオーリンズ・ジャズ
    (一九〇〇〜一九二〇年代)
第4章 シカゴの時代―ジャズ・エイジ二〇年代
第5章 デューク・エリントンとその時代―一九二〇‐三〇年代、        ニューヨークとカンザス・シティのジャズ
第6章 ビ・バップ―一九四〇年代のジャズ
第7章 マイルス・デイヴィスとその時代―モダン・ジャズ概論
終章  黒人とアメリカの未来


 
posted by jazzman at 23:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェザー・リポートの真実: 

 
かのジャコ・パストリアスやマイルス・デイヴィスが演奏した、ジョー・ザヴィヌル提供の「楽譜スケッチ250枚」を世界初公開。

著者/訳者名 山下邦彦/編
出版社名 リットーミュージック




目次

母の「えんどう豆料理」と父の「ワウワウ・ハーモニカ」
細工された「アコーディオン」と「ピアノ」
ミュージシャン/ミュージカント
ジャズの発見
ダイナ・ワシントス―「ブルース」を教えてくれた女性
“エレガント・ピープル”
「ビバップ」というコンセプト
ゴスペルとロックンロールとフェンダー・ローズ
ウェイン・ショーター―いっしょに「ブルース」をサカサマにした男
マイルス・デイヴィス―「コンセプト」を分かち合った男〔ほか〕


 
posted by jazzman at 22:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャズマンが愛する不朽のJAZZ名盤100: 163人が本音で語る!チャーリー・パーカーからノラ・ジョーンズまで究極の100タイトル

 

163人が本音で語る!チャーリー・パーカーからノラ・ジョーンズまで究極の100タイトル。マイルスはあの名盤をどう思っている?次のフェイヴァリットが見つかる「楽器別ミュージシャン影響関係図」付。


著者/訳者名 小川隆夫/著
出版社名 河出書房新社




目次

アーチー・シェップ『ライヴ・イン・サンフランシスコ』
アート・テイタム〜ベン・ウェブスター『アート・テイタム〜ベン・ウェブスター・クァルテット』
アート・ブレイキー『バードランドの夜Vol.1』
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ『モーニン』
アート・ペッパー『サーフ・ライド』
アート・ペッパー『アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』
アニタ・オデイ『アニタ・シングス・ザ・モスト』
アビー・リンカーン『ザッツ・ヒム』
アルバート・アイラー『グリニッチ・ヴィレッジのアルバート・アイラー』
アントニオ・カルロス・ジョビン『イパネマの娘』〔ほか〕


 
posted by jazzman at 22:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

【JAZZ: 枯葉】キャノンボール・アダレイ《サムシン・エルス》

 

演奏 キャノンボール・アダレイ 、 マイルス・デイヴィス 、 ハンク・ジョーンズ 、 その他
レーベル 東芝EMI


キャノンボール・アダレイ : サムシン・エルス
icon


icon
icon


曲名リスト

1. 枯葉
2. ラヴ・フォー・セール
3. サムシン・エルス
4. ワン・フォー・ダディ・オー
5. ダンシング・イン・ザ・ダーク

 
posted by jazzman at 15:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビル・エヴァンス 【ワルツ・フォー・デビイ+】JAZZの名盤をロープライスで

 

演奏 ビル・エヴァンス 、 スコット・ラファロ 、 ポール・モチアン
レーベル ビクターエンタテインメント

ビクターがJAZZの名盤をロープライスで販売する`JAZZ 紙ジャケ十八番`シリーズ第2回発売分(全100タイトル)。本作はジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンスによる1961年録音盤。 

ビル・エヴァンス : ワルツ・フォー・デビイ+4
icon


icon
icon


曲名リスト

1. マイ・フーリッシュ・ハート
2. ワルツ・フォー・デビイ(テイク2)
3. デトゥアー・アヘッド(テイク2)
4. マイ・ロマンス(テイク1)
5. サム・アザー・タイム
6. マイルストーンズ
7. ワルツ・フォー・デビイ(テイク1)
8. デトゥアー・アヘッド(テイク1)
9. マイ・ロマンス(テイク2)
10. ポーギー(アイ・ラヴ・ユー、ポーギー)

 
posted by jazzman at 15:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JAZZ:危険な関係のブルース【ブルー・デューク】

 

演奏 デューク・ジョーダン 、 ハリー・エメリー 、 ジェームス・マーティン
レーベル BMG JAPAN

`プライム・ジャズ1500`シリーズ第2弾(全30タイトル)。ハリー・エメリー、ジェームス・マーティンとのトリオによる、1983年録音盤。「危険な関係のブルース」「ホールディング・ハンズ」「ベン・シュガー・ブルース」他、全9曲を収録。




曲名リスト

1. 危険な関係のブルース
2. ホールディング・ハンズ
3. ベン・シュガー・ブルース
4. 君はわがすべて
5. C・ジャム・ブルース
6. ジョードゥ
7. フロム・デューク・トゥ・デューク
8. セントルイス・ブルース
9. テーマ


 
posted by jazzman at 15:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《JAZZ》ハービー・ハンコックのベスト・アルバム【エッセンシャル・ハービー・ハンコック】

 

演奏 ハービー・ハンコック
レーベル ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

キーボード奏者、ハービー・ハンコックのベスト・アルバム。ブルーノート、コロムビア、ワーナー、ヴァーヴといったレーベルに残してきた名曲を2枚に凝縮した作品。




曲名リスト

Disk1
1. ウォーターメロン・マン
2. ラウンド・ミッドナイト
3. カンタループ・アイランド
4. 処女航海
5. サークル
6. ソーサラー
7. テル・ミー・ア・ベッドタイム・ストーリー
8. ヒドゥン・シャドウズ
9. カメレオン
10. ジョアンナのテーマ

Disk2
1. バタフライ
2. ピープル・ミュージック
3. マイルストーンズ
4. 4 AM
5. カム・ランニング・トゥ・ミー
6. フィンガー・ペインティング
7. スターズ・イン・ユア・アイズ
8. ロックイット
9. セントルイス・ブルース
10. マンハッタン

 







posted by jazzman at 14:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JAZZ 【オリジナル・ベスト】 寺井尚子

 

演奏 寺井尚子
レーベル ビデオアーツミュージック

ジャズ・ヴァイオリニスト、寺井尚子のアルバム。自身のアルバム『シンキング・オブ・ユー』『ピュア・モーメント』『プリンセスT』『オール・フォー・ユー』からオリジナル曲を集めて収録した1枚。




曲名リスト

1. シンキング・オブ・ユー
2. 出会い
3. ダダ
4. ハイウェイ・アット・ミッドナイト
5. ピュア・モーメント
6. シャドウ・プレイ
7. トゥルー・ブルー
8. あなたがわたしをさがすとき
9. オール・フォー・ユー
10. シンキング・オブ・ユー(ライヴ)

 









posted by jazzman at 14:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。